【大学生必見】”読書”という自己投資がおすすめな理由

大学生

「本を読めって本を読んで何になるの?」

「本を読むメリットって何なの?」

って思っている大学生に向けてこの記事を書いています。

現在の大学生のマンガを除く本の読書量はかなり低いです。

 

しかし、読書には様々なメリットがあります。

結論から言うと、大学生にできる最高の自己投資は読書です。

成長したい大学生は読書をはじめるべきです。

 

何を読んだらいいかわからない大学生は合わせてこちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク

読書をはじめた理由

まず、なぜぼくが読書をするようになったのかお話ししたいと思います。

ぼくが読書をするようになったのは、大学3回の秋ごろです。

 

はじめた理由はそんなに大した理由ではありません。

将来”お金持ち”になると決めたときに、お金持ちは読書家が多いと知ったからです。

ただただ不純な理由ではじめました。

 

しかし、本を読んでいるうちに読書が楽しくなってきました。

それで今では週に1冊のペースで読むようになりました。

 

読書のメリット

読書ってほんとに良いことづくしだと改めて感じます。

その理由についてお話ししていきますね。

 

結論から言うと、こんだけものメリットがあります。

知識が増える
趣味になる
周りと差をつけることができる

 

知識が増える

読書のメリットってなんだろう?

って考えたときに最初に思いつくのが”知識が増える”ではないでしょうか。

 

著者の知識や経験を本1冊分の値段を払うことで得ることができるのです。

著者の知識や経験は著者が人生を通して長い年月をかけて学んだことですよ。

 

人生何年ぶんにも詰まったものを本を読むことで何時間かで得ることが出来ます。

本を何冊も読むことで、何人もの著者の経験を疑似体験できるのです。

 

経験の少ない大学生にとっては将来につながる最高の投資ではないでしょうか。

 

趣味になる

読書は趣味にもなります。

就活の履歴書で趣味や特技を書く欄があります。

読書をしていれば、週に1冊のペースで読書をすることって書くこともできます。

 

しかも、本1冊1500円程度のものが多いのでコスパが高い趣味にすることができますね。

 

周りと差をつけることができる

先ほども書いた通り、大学生で読書をしている人はかなり少ないです。

あなたの周りでも読書をしている人はいてますか?

読書は知識を得ることができたりと良いことづくしです。

 

本を読んでいる学生と読んでいない学生を比べれば必然的に差が出てくるのは当然です。

 

読書の時間はつくるもの

読書のできない理由の1つとして、時間がないとよく耳にします。

残念ながら時間は勝手にでてくるものではなく、つくるしかありません。

 

電車の通学時間に読書する、家でゲームやYouTubeを見る時間を削って読書すことで時間ができますね。

そうしないと、本を読む時間は出てこないです。

 

ぼくは電子書籍を用いて通勤時間や寝る前に読むようにしています。

電子書籍を用いたぼくが行っている読書法があるのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

ビジネス書がおススメです

読書をするのはわかったけど何を読めばいいかわからない方もいると思います。

そんな方におススメするのはビジネス書です。

本屋にはビジネス書コーナーがあるので、その中で面白そうと思ったのをまずは買ってみましょう。

「夢をかなえるゾウ」という本が小説みたいにストーリーになっていてかなり読みやすいのでおススメです。

ビジネス書がちょっと難しい方は小説でもいいので、本を読む習慣をつけていただくといいと思います

 

 

まとめ

本を年間100冊読む読書家でも1冊の本からスタートです。

”千里の山も一歩から”という言葉があるように、ちょっとずつでもいいのでコツコツ続けましょう。

本を読む習慣をつけることが大切です。

高校生までの勉強はただただやらせれていた勉強です。

 

しかし、これからは自分のやりたいことに費やすことが成功に繋がります。

読書を通して自分のやりたいことを見つける手掛かりにしてください。

 

そして、周りの大学生と差をつけて”読書”を最高の自己投資にしていきましょう。

 

 

以上、大学生必見】”読書”という自己投資をはじめましょうでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました