アルバイトってどうなの?現役大学生がアルバイトをしてみた感想

大学生

アルバイトを通じて、成長することができました。

この男性のようにぼくもアルバイトをしていてよかったと思います。

 

ぼくはアルバイトをこれまで3つ経験しました。

具体的には、定食屋とファストファッションの店員と個人経営の居酒屋さんの3つです!

アルバイトをはじめた理由として、高校生から大学生になってある程度自由を味わえるようになり、とりあえずお金稼がないといけないとアルバイトを始めました。

ぼくがなぜアルバイトをはじめてよかったと感じるのか、お話していきます。

スポンサーリンク

BtoCのBの裏側を学ぶことができた

 

BtoCとは企業対お客さんという意味で飲食店やぼくたちが使っているのはほとんどがこの形態です。

アルバイトをすることで、いままではCお(客さん)として企業と接していたのが、アルバイトで企業側(店員さん)を経験することができました。

店員さんの立場に立つというのは本当にいい経験です。

店員さんの立場になることで、どんなお客様がいいお客様か知ることができます。

反対に、自分がされて嫌な態度はとらないようにするようになりました。

自分がされて嫌なお行為をしなくなるので、お店の人にも優しい気持ちになることができます。

だからこそ、一度はアルバイトをすることをオススメします。

 

色々な人と関わることができた

アルバイトにはいろいろな人がいます。

同じ大学生でも、大学は違うし年齢も、趣味や考え方全く違う人もいます。

しかも、フリーターの方や主婦さん、社員さんもいれればたくさんの世代と関わりを持つことになります。

その人たちと一緒に働くことでコミュニケーション能力の向上はもちろん色々な情報を知ることができます。

例えばグルメな人がいれば、おススメの料理屋を教えてもらったり、同じ大学生であれば他大学の情報など教えたり、教えてくれたりします。

それに一緒に働くことで仲良くなりやすく、プライベートまで発展することもあります。

ぼくは辞めたアルバイトでもまだ交友があり、一緒に出かけたりします。

また社会にでると、自分の同世代だけで働くということは少なく違う世代の人とも働くことになります。

そこでアルバイトで経験することができれば円滑にコミュニケーションを取りやすくなるのではないでしょうか。

ブログのはじめるきっかけになった

ぼくはアルバイトではお金を稼いでいるうちに時給分しか稼ぐことができない、なにか時給以外に稼ぐ方法はないかと思いはじめました。

調べていくうちにネットビジネスと出会いました。

ネットビジネスは時給分以上を稼ぐことができるのではないかと思ったのです。

そこで調べたり、実際に行動しました。

株や仮想通貨などの投資、ブログをはじめる1年ほど前にもアフェリエトをしようとしたりと。

しかし仮想通貨のMLMという商法で10万円を失ったのをきっかけに、初期費用の少ないブログやSNSの情報発信をはじめようと思いました。

今でこそ、時給で稼ぐようなやり方ではなく、自分の力で稼ぎたいと強く思いますがアルバイトを経験していなかったらこの思いはなかったと思います。

ぼくがこのように時給ではなく自分で稼げるようになるべきと思うのは時給のアルバイトを経験したからこそだと思います。

 

まとめ

ぼくはアルバイトを経験して本当に良かったと思います。

いまでも、交友のあるアルバイト仲間もいますし、楽しい思い出がほとんどです。

アルバイトのおかげでお店が成り立っていて、ぼくたちが普段利用できているのもそのおかげです。

ぼくも現在もアルバイトをばりばりやっています!笑

なので、アルバイトを実際にしてみていい、悪いを実感してください。

 

以上、アルバイトってどうなの?現役大学生がアルバイトをしてみた感想!でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました