まずはコレ!革靴初心者におススメする手入れ法

レビュー

本日は革靴の手入れの方法を靴磨きセットを使って紹介したいと思います。

新社会人になると革靴を履く機会が増えてきます。

しかし、手入れの仕方がわからないという方多いのではないでしょうか?

ぜひこの記事を参考に、靴磨きをはじめていただければなと思います。

 

今回使うキットはこちらです。

M.MOWBRAY M.MOWBRAY/セントウィリアムセット エムモゥブレィ シューズ

created by Rinker
¥3,996 (2019/04/25 19:22:17時点 楽天市場調べ-詳細)

このキットでは鏡面磨きを除くシュークリームを使った栄養補給までを行うことができます。

中には馬毛ブラシ(ほこり落とし)、リムーバー(汚れ落とし)、リムーバークロス(汚れ落としクロス)くつクリーム(栄養補給)、ペネトレイトブラシ(クリーム塗布用)化繊ブラシ(磨きこみ)、グローブクロス(磨き・仕上げ)が入っています。

 

手順としては2つだけです。

汚れ落としと栄養補給です。

なので、時間としては長くて30分あればできると思います。

スポンサーリンク

汚れ落とし

汚れ落としはブラッシングとリムーバーを使うのと2手順あります。

ブラッシング

まずは、馬毛ブラシを使ってブラッシングを行います。

その前にしっかりとシューツリーを使ってしわを伸ばしてから行うようにしましょう。

シューツリーはダイソーさんとかでも片足150円くらいで売っています。

シューキーパー レッドシダー お洒落パッケージ・収納袋付 NTR 26.5cm〜27cm[Bタイプ](ブラウン, 26.5〜27.0 cm)

created by Rinker
¥3,580 (2019/04/25 19:22:17時点 楽天市場調べ-詳細)

ブラッシングで履いてるときについたほこりや塵を落とします。

ほこりや塵を落とさずに進めてしまうと、栄養補給をしたさいにほこりや塵に栄養がついてしまって靴にと届かなくなってしまいます。

なのではじめに行います。

ブラッシングは靴を磨くときだけでなく、履いた後に毎回することをおススメします。

リムーバーを使って汚れ落とし

リムーバーを良く振ってから布につけて、よく拭いていきます。

全体を拭いていきます。

この時点で汚れが残っているとそこに栄養が流れてしまうのでしっかり行いましょう。

 

栄養補給

つぎに靴クリームをつかって栄養補給を行います。

このキットの靴クリームは無色ですが、靴と同じ色のクリームを使うと補色を行ってくれるのでぜひ試してください。

1.靴クリームを塗るのにペネトレイトブラシを使って行います。

つけすぎずに、目安として片足に米粒2,3粒をつけます。

そして、クリームを全体になじませます。

2.つぎに化繊ブラシを使ってブラッシングを行います。

このブラッシングは、クリームを全体になじませる役割をもちます。

馬毛ブラシではなく、化繊ブラシ(プロブラシ)を使うのはツヤを出しやすいからです。

また化繊ブラシの代わりに豚毛ブラシもよくつかわれています。

3、さいごに、グローブクロスを使って余分なクリームをふき取り、磨き上げていきます。

さいごに、グローブクロスを使いから拭きを行わないと余分なクリームが靴に残り、そこからほこりや塵が付着しやすくなります。

なので、から拭きまでしっかり行うようにしましょう。

 

まとめ

ブラッシングと栄養補給を行うことで靴の手入れをしっかりと行うことができます。

実際にやってみると無心で靴と向き合えて、靴に愛着がわきます。

ぜひ、やってみいてください。

意外とハマります。

ブラッシングと栄養補給のあとに、ワックスを使った鏡面磨きを行うと靴をより輝かすことができます。

 

以上、【初心者必見】革靴の手入れの方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました