鎌倉、横浜旅行・モデルコース【鎌倉編】1泊4日旅

旅行

「鎌倉で日帰りのおススメプランを知りたい」

「鎌倉のおススメスポットを知りたい」

という方におススメの記事です。

去年の年末、鎌倉・横浜に旅行をしてきました。

1日目:夜行バス(出発)
2日目:鎌倉
3日目:横浜
4日目:夜行バス(帰宅)

上記のスケジュールで行ってまいりました。

この記事では鎌倉・横浜旅行の鎌倉での実際のコースを紹介します。

ぜひ鎌倉に旅行される際は、参考にしてください。

次の日に向かった横浜の記事はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

鎌倉駅近くの朝カフェ:RONDINO

夜行バスで早朝に横浜に到着し、まず鎌倉に向かいました。

駅構内のコインロッカーに大きい荷物を預けてまずは腹ごしらえ。

鎌倉駅西口は比較的落ち着いており、出て左すぐにあるcaféRONDINOに向かいました。

caféRONDINOさんは1967年に創業して50年以上がたちます。

常連さんも多くいて、ぼくたちが立ち寄った際にも観光客よりも常連さんのほうが利用されていました。

ぼくがいただいたのはセットサービスのピザトーストとブレンドコーヒーです。

たしか、セットで¥800だったと思います。

カフェの雰囲気も良くて、ぼくの家近くにあったら通っていると思うくらいとてもよかったです。

腹ごしらえの次は金運のスポット:銭洗弁天

次に向かったのが、鎌倉駅から徒歩約20分にある銭洗弁財天宇賀福神社です。

山道にトンネルが現れ、トンネルを抜けると銭洗弁天です。

まずは、線香&ロウソク&ザルを100円で購入しました。

そして、線香とロウソクを奉納します。

どのようにするのは神社の方が具体的に教えてくれました。

次に本社へ参拝です。

洞窟の手前にあるのが「本社」、洞窟の中にあるお金を洗う場所が「奥宮」と呼ばれているそうです。

奥宮にも参拝して、銭洗いを行います。

ザルの中にお金を入れて銭洗水をかけます。

お札は端のほうをちょっとかけるだけだそうですが、知らずにめっちゃかけちゃいました。

銭洗弁財天宇賀福神社

清めたお金は使わずに財布の中に入れておくのが主流だそうです。

水おみくじもひいてみました。

渡されたのは何も書いていない紙です。

下の写真のように水をつけると文字が浮き上がってきます。

さいごに、御利益の小判を購入しました。

財布の中にしっかりと入れています。

小町通りを通って鶴岡八幡宮へ

銭洗弁財天宇賀福神社の次に向かったのが、鶴岡八幡宮です。

鶴岡八幡宮に向かう前に通るのが小町通りです。

小町通りは、お土産屋やファッショングッズ、食事するところと楽しむところがいっぱいです。

まずはお昼ごはんを食べようと歩いていると、海鮮丼の店が今なら並ばずに食べることができるとのことだったで海鮮丼をいただきました。

シラス丼に温泉卵をトッピングして注文しました。

温泉卵がいいアクセントでとてもおいしかったです。

そのまま散策をしながら歩いていたのですがお腹もいっぱいなので、鶴岡八幡宮に先に向かい帰り道で小町通りを楽しむことにしました。

鶴岡八幡宮へ到着。

年末ということもあり、スムーズに参拝できした。

小町通りからすぐ近くにあり、小町通りを楽しみながら歩くと距離もそこまで気になりませんでした。

鶴岡八幡宮

小町通りにもどります。小町通りでは、ちょっと小腹が空いたので、お団子や、せんべいをいただきました。

ちなみに、Instagramでも人気のあるリングを作ってくれるgramもこの小町通りにあります。

めっちゃ人気で整理券をもらってから、1時間待ちくらいでした。

 

江ノ電に乗って江ノ島へ

次に向かったのが江ノ島です。

最初に江ノ島の海へ向かいました。

サッカー少年だったので、漫画エリアの騎士を思い出しました!笑

鎌倉の海

 

着いたのが夕方くらいでとても景色が良かったです。

サーフィンをしている人や、観光客などで、冬の海とは思えなかったです。

実は、サーフィン去年ぼくも1回だけ行きました。

案の定、ぜんぜん乗れなかったです。

リベンジしたいです!

江ノ島で海を満喫し、新江ノ島水族館に向かいました。

年末で冬休みだったのか、家族連れが多かったです。

入場して記念撮影して海の生物の探検スタートです!

大きな水槽にいくとちょうどスタッフが魚たちと触れ合う時間でかわいい魚たちを解説付きで見ることができました。

イルカショーも見ることができました。

まじかで見るイルカのジャンプは迫力がありました!

新江ノ島水族館を楽しんであとはホテルにチェックインして本日の鎌倉観光は終了です。

そして、横浜周辺の宿で一休みです。

まとめ

旅行のことを思い出を振りながら記事にしていたら、日記みたいになってしまいました。

鎌倉は他にも大仏であったり、観光名所はまだまだあります。

日帰りだとどうしても行くことができる場所が限られてしまいます。

なので、しっかりと訪れる場所を事前に決めておくとスムーズです。

さいごに夜行バスから活動する場合は、体力も考えてんコースを考えてください。

ぼく自身かなりへとへとになりました。

なので、次の日は寝坊からのスタートでした。笑

寝坊からのスタートはまた【二日目・横浜】で書いていきます。

 

以上、鎌倉、横浜旅行記【1日目・鎌倉】でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました