旅行

コロナウイルス流行中のフランス旅行は危険?実際に行った結果

2020年2月現在世界中ではコロナウイルスが猛威を振るっています。

フランスでは、アジア人が電車から降ろされたというニュースを筆頭に、アジア人差別が懸念されています。

 

これからフランス旅行を予定してる人にとっては、かなり不安なニュースです。

 

筆者は2月の頭にフランス旅行に行ってきました。その際に差別されたのか?どうだったのかを紹介していきたいと思います。

 

結論から言うと、マフラーで口を隠されることはありました。

しかし、それ以上に楽しいフランス旅行でした。

フランスのどこに旅行したのか?

フランスのパリに3日ほど滞在しました。ローマ、バルセロナ、パリ10日間の旅行です。

 

パリでは凱旋門、エッフェル塔、ルーブル美術館など観光所をメインに観光を行いました。

コロナウイルスの影響か?どれもスムーズに観光することができました。

旅行中差別はあったのか?

ちょっとした差別?はありましたが、ニュースで見たような電車から降ろされたと行ったようなことはなかったです。

残念ながら、すれ違う際にマフラーで口を隠される、子供達に笑われたといったことはありましたね。

 

しかし、それ以上にパリの人は優しかったです。パリ北という駅で迷っていたら声をかけてくれて道案内をしてくれました。

他にも空港でもパリまでの行き方を案内してくれたり、電車ではスペースを譲ってくれたり。

 

日本で中国人観光客を見たら避ける人もいるし、優しく接する人もいますよね。

フランス・パリでは避ける人よりも優しくしてくれる人の方が多いように感じました。

フランス行く際に気をつけておくことは?

日本ではコロナウイルスに伴ってマスクをしている人が急増していますが、パリではマスクをしている人は少なかったです。

もともと予防としてマスクをする習慣がフランスにはないのが影響しています。

それに合わせて、マスクは装着しないほうが吉?かもしれません。

 

あと、欧米では基本的にアジア人の区別がつきにくく、日本人でも中国人と間違えられることが多々あります。

なので、咳をすれば嫌な顔をされるので、せきには注意が必要です。

スリ被害は大丈夫?

この旅行中スリ被害には1度もあいませんでした。

電車乗ってる時に、スリに狙われてるなって感じはありましたが、リュック、肩掛け鞄に南京錠をしていたので大丈夫でした。

 

南京錠は念の為用意しておくのをオススメします。

 

最後に

コロナウイルスによるアジア人差別を聞くと、旅行前だとかなり不安になりますよね。

筆者もめちゃくちゃ不安を抱えていて、コロナウイルスより差別の方が不安って言うくらいでした。

しかし、不安以上にめちゃくちゃ楽しいフランス旅行でした。

 

ぜひあなたも有意義な旅行を送ってください。

 

最後に、フランスの交通機関の乗り方や切符の買い方など日本と全く違うので、あらかじめ予習していくのがオススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です