【失敗は成功のもと】伸びる人・成長する人のたった1つの共通点

息抜き

「失敗は成功のもと」

1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?

 

言葉の通り、

失敗しても原因を改めるので、成功に繋がる。

という意味です。

 

失敗したからと言って落ち込む必要はありません。

 

失敗は成功に繋げるチャンスです。

 

そこで今回は失敗は成功のもとについて考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

失敗を次に活かそう

 

失敗を恐れる必要はありません。

 

ぼくは現在就活生です。

 

ある企業の方が就活生の質問にこう答えていました。

 

就活生「企業に入ってから伸びる人材はどのような人ですか?」

 

企業の方「成長している人は失敗を武勇伝で語れる人が多いかな

 

大きな失敗をしたとき、ほとんどの人が次の失敗を恐れて行動しなくなります。

 

しかし、伸びる人というのは大きな失敗からなにが原因か学びまた挑戦していく人だそうです。

 

失敗から学べることはたくさんあります。

 

それをつぎの成功に活かすのです。

 

それでまた失敗しても、また挑戦する。

 

失敗を恐れて挑戦しなくなる人より、伸びるのは明白です。

 

発明王エジソンは失敗王とも呼ばれていた

 

トーマス・エジソンは数々の発明をしました。

 

その発明のために何百、何千の失敗をしたとも言われています。

 

エジソンの有名な言葉として

 

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

 

トーマス・エジソン

 

というのがあります。

 

エジソンは何百、何千の失敗を失敗と思わず成功するための手がかりだと考えていたのです。

 

「1回の失敗に恐れるのではなく、成功するために失敗を繰り返し1回の成功を手にしたらいい」

 

のだと感じました。

 

失敗を考える前にとりあえず動く

 

何かに挑戦するとき、失敗を恐れてできなくなるときってありませんか?

 

これをしたいけど、自分はできるかなとか。

 

いくら調べても、実際に挑戦しないと結果はわからないです。

 

挑戦してももしかしたら、失敗するかもしれません。

 

しかし挑戦することに意味があるのだと思います。

 

ぼくもそうでした。

 

ブログをはじめるとき、あれこれブログは稼げるのかとかめちゃくちゃ調べまくってました。笑

 

いざやってみると、「あれ恐怖が思ったよりないな」と感じました。

 

やりたいと思うことがあったら、とりあえずやってみる!このスタンスでいいと思います。

 

成功している人は、これをしたい!と思ってから行動に移すまでがめっちゃ速いそうです。

 

 

まとめ

 

失敗をするのは怖いです。

 

失敗をするために何かに挑戦している人はいないと思います。

 

成功を目指しているのに失敗したら落ち込んでしまいます。

 

しかし、その失敗をどうして失敗したかを考え、成功に向けて再挑戦した人が伸びる人なんだと感じました。

 

現在、成功している人で1度も失敗を経験していない人は少ないと思います。

 

成功している人でも昔は失敗し、繰り返し、でも成功を諦めず挑戦したから成功している今があるのだと思います。

 

ぼくたちも失敗を恐れず、挑戦していきましょう!

 

 

以上、【失敗は成功のもと】伸びる人の1つの共通点でした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました