大学生

AT(オートマ)・MT(ミッション)、それぞれのメリット・デメリットを紹介

「AT(オートマ)はダサいからMT(ミッション)にしようかな」

「MTは取るのにATよりお金と時間かかるしどっちにしよう」

と迷っている方に対して、

  • AT・MTのメリット・デメリット

を紹介していきます。

 

ちなみに、筆者はATでとりました。理由は免許が早く取れるし楽だからです。

 

結論から言うと、ATのメリット・デメリットは、

・早く、安く免許が取れる
・比較的楽に取れる

・MTの車に乗れない
・免許証にAT限定記載がある

 

MTのメリット・デメリットは、

・AT車も乗れる
・アクセル・ブレーキの踏み間違いがない

・操作が難しい
・MTの車が少ない

 

それではAT(オートマ)、MT(ミッション)のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

AT・MTの違い

AT車の内装AT(オートマ)とはAutomatic Transmission(オートマチックトランスミッション)を略したもので、MT(ミッション、マニュアル)がManual transmission(マニュアルトランスミッション)を略したものです。

違いはATはペダルがブレーキとアクセルの2つに対してMTはATのペダルとブレーキをに加えてクラッチがあります。

 

MTを取得した人が言う「エンスト」は、クラッチの操作を誤るとエンストが起きる仕組みになっています。さらに、ギアチェンジがあるのもMTの特徴です。

AT(オートマ)のメリット・デメリット

AT車のメリット・デメリットを紹介ATのメリット・デメリットについてです。最近では、男性でもATで取る方が増えてきています。

なので、しっかりとこの項目だけでも抑えてください。

AT(オートマ)のメリット

オートマのメリットは大きく2つあります。

  1. 比較的取りやすい
  2. 費用が安い

がオートマのメリットとしてあげられます。それでは紹介していきます。

比較的取りやすい

さきほどAT・MTの違いでお話させていただいたようにMTは操作がややこしくATはブレーキとアクセルで操作が可能です。

そしてATの操作のほうが比較的にやさしいということから技能時間もMTより短くなります。

 

しかしATの操作が簡単にできてしまうということもあり、注意不足の事故、操作ミスが起きたりする可能性もあるので十分に注意してください。

お金が安い

教習所にもよるそうですが、技能時間が短いことからATのほうが安く教習所に通うことができます。

実際にぼくの教習所では差額は1万円くらいだったと思います。

ATのデメリット

次にATのデメリットについてお話します。デメリットも大きくは2つあります。

  1. MTの車に乗れない
  2. 免許に記載がある

デメリットは車に乗れたらいい、こだわりがない方にはあまり関係ないように関します。

MTの車に乗れない

現在生産されているほとんどの車がAT車です。なので、困ることはないと思いますが、MT車を運転することはできません。

しかし、ATで免許を取った後でもMTを取得したい場合はその分の技能を行い、限定解除を行うことが可能です。

 

はじめにATで免許を取得してから、MTに限定解除を行うのもアリだと思います。

しかし、その場合値段がはじめからMTで取得するより割高になってしまうので金額には注意してください。

免許証に記載がある

免許証にはATに限ると記載されてしまいます。

なぜか男のATはカッコ悪いという風潮があるので、MTは乗る機会が少ない方でもMTにしている方もいました。

ぼく自身学科教習ではファイルの色でどちらかわかってしまうので、なぜか引け目を感じていました。

 

しかし、近年では半数以上の方がATを取得しているのでそんなことはないと思います。
警察庁・運転免許統計

MT(ミッション)のメリット・デメリット

MT車のレバー次にMTのメリット・デメリットについてです。

ATのメリット・デメリットを逆さにしたのがMTのメリット・デメリットに近いので、似ている部分も少し出てきます。

MT(ミッション)のメリット

MTのメリットも大きくは2つ。

  1. AT車も乗れる
  2. アクセル・ブレーキの踏み間違いがない

仕事でMT車に乗る方以外はぜひ参考にしてください。

AT車も乗れる

MTで運転免許を取るとAT車も乗ることが可能です。

MT車はAT車と違ってクラッチの操作が必要になります。なので、AT車の運転が簡単に感じることが多いです。

アクセル・ブレーキの踏み間違いがない

先ほど、お話ししたようにMT車の操作にはクラッチが必要になります。

なので、最近多発しているアクセルとブレーキの踏み間違いが起こりません。

 

踏み間違いによる危険性はMTではATよりも防ぐことができます。

MT(ミッション)のデメリット

最後に紹介するのがMTのデメリットです。

MTかATで迷っている方はMTのメリット・デメリットを見比べてどっちを取るか考えてみてください。

操作が難しい

先ほどから何回も出ていますが、MT車にはクラッチ操作が必要になります。

その分教習所での習得の期間も時間もAT限定よりもかかってしまいます。

MTの車が少ない

最近の車はAT車が主流です。

なので、MT車を運転したいと思ってもなかなか見つからない可能性もあります。

まとめ

先ほどお話したように筆者はAT免許を取得しました。

取得して2年ほどしか経過していませんが、MT免許にしとけばよかったと思ったことは1度もありません。

 

ぜひ、あなたもどちらがいいのか考えて免許を取得していただければなと思います。

 

免許を取るのに免許合宿で取るか、通いで取るか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

免許合宿で免許を取るメリット・デメリットについて徹底解説「合宿免許ってどうなの?」 って悩んでいる方に免許合宿のメリット・デメリットを紹介していきます。 合宿免許で免許を取...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です