ランキング

【大学生にオススメ】大学生のうちに読んでおきたい本11選

「大学生になったし本を読もう」

この記事を見ている大学生は自発的に読んでくれている人がほとんどだと思います。

 

読書はお金を払って、知識・知恵を増やし続けてくれるので本当オススメですよ。

大学生のうちに本をたくさん読むと周りとかなり差をつけれます。

 

現在は筆者は週に1冊は本を読むようになりましたが、

大学に入った頃は全く読まなかったですね。

 

それに本を読もうと思っても、何を読めばいいかわからなかったです。

この記事では、大学生にオススメする、ぜひ読んでほしい本を紹介してます。

 

今回紹介する本は

・かなり読みやすい
・有名な本

なので、安心してください。

 

電子書籍で読書する人も増えてきていて、

持ち運びも楽にできてかなりオススメです。

 

こちらの記事でも紹介しているので、あわせてどうぞ。

 

レバレッジ・リーディング/本田直之

この本は読書をはじめる一冊として読んで欲しい本です。

大学生で本を読む学生は少ないです。

 

社会に出たときに大学生のころに読んだ本があなたの役に立つでしょう。

 

レバレッジ・リーディングとはこれからビジネス書などを読む際に身につけておきたい読書術を紹介されています。

 

読書術としては1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす方法です。

 

実際、ぼくもビジネス書などの情報を自分の知識にするための第一歩として読みました。読んでからこれまでの読書が変化したのが感じられました。

 

他にも書店の利用法や読んだ後の復習などの読書術に関して知っておきたいことが書かれています。

 

 

夢をかなえるゾウ/水野敬也

200万部を突破したベストセラーです。

本の形式としては小説で進められています。

 

主人公は「人生を変えよう」と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマン。

 

そこにガネーシャというゾウの形をした神様が現れ「成功するためにはどうしたらいいか」などについてを考えていくストーリーです。

 

主人公に対して共感を持ちやすく、主人公とガネーシャのの会話がベースでところどころの漫才のような面白いシーンも登場あって読みやすかったです。

 

笑いあり涙ありの面白い小説なのでぜひ一度は読んでおきたい1冊です。

また続編も2,3と出ているのでこちらもよかったらチェックしてください。

 

 

 

 

金持ち父さん貧乏父さん/ロバート・キヨサキ

ぼく自身、金持ち父さん貧乏父さんを読んで僕のお金についての考え方が大きく変わりました。

 

お金持ちになるには「お金の勉強」をしなければいけません。

 

「年功序列」「終身雇用」が崩れていく中、僕たち若者がファイナンシャル・リテラシーを身につける重要性、方法がこの一冊から学べます。

 

何を使ってお金を稼ぐのか、資産と負債の違いについて学ぶなど学校では学ばないお金の教科書として読むことができます。

 

親、学校が教えてくれないお金の教科書として読んでいただきたいです。

 

 

非常識な成功法則/神田昌典

著者神田昌典さん自身が「この本は私が一番書きたくなっかた本。」というほどの成功法則が書かれています。

 

冒頭からこの本には何が書かれているんだろうというわくわくが止まりませんでした。

 

また成功法則は難しいことではなくどれも始めやすいことばかりなので、だまされたと思って試してみてはいかがでしょうか!

大学生で「非常識な成功法則」を学ぶことで将来役に立てることができます!

 

 

ゼロ/堀江貴文

この本からは小さなイチを積み上げていく重要性を大きく学びました。

 

一歩を踏み出すことを恐れず進もう。失敗してもまた進めばいい。」そんな勇気をくれた本です。

 

そして、堀江貴文さんの生い立ちなどにも触れ読者に一歩進む勇気を与えてくれます。

 

ぼくはこの本を読んでからYouTubeで近畿大学の卒業式のスピーチを聴いてからブログに興味を持ちはじめました。

ゼロはぼくがブログを始めたきっかけです。

 

 

お金2.0/佐藤航陽

この本では現在のお金についてどのように変化しているのかを学ぶことができる一冊です。

 

大学生のぼくたちが今後どのような経済に変わっていくのか、また「仮想通貨」「フィンテック」などに興味がある方におススメです。

 

専門用語が少なく、経済やお金について知識がなくてもとても分かりやすい内容で書いてます。

 

 

筋トレが最強のソリューションである/Testosterone

ぼくが筋トレを始めるきっかけとなった本です。

この著者はTwitterでもTestosteroneさんというアカウントでも活動をしていてとても興味深い情報を発信しています。

 

本では筋トレを始めるべきわけなど筋トレのモチベーションが上がるような面白い内容がたくさん入っています。

 

Testosteroneさんは留学の経験もあり、英会話や、食事などマッチョ社長ならではの本も出しています。

 

筋トレを始めたいけどなかなか行動に移せない、ダイエットしたいと考えていて「筋トレが最強のソリューションである」を読むと、筋トレや運動をしたいと思えるほどの筋トレ啓発書です

 

 

ユダヤ人大富豪の教え/本田健

主人公が偉大な人のもとで課題に挑戦し、富と成功について学んでいくストーリーです。

 

ストーリー形式なので読書があまり得意でない方もスムーズに読むことができると思います。

 

自分を主人公に当てはめることにより、まるで自分がレッスンを受けているかのような感覚になりました。

 

この本からは実践できる重要なことがたくさん書かれているので、ぜひ実践してください。

 

ただたんにお金持ちになるにはではなく、幸せなお金持ちになることの重要性を学ぶことができます。

 

 

君たちはどう生きるのか/吉野源三郎 羽賀翔一

1937年に発売されてから、原作の良さをそのままにマンガの形でとても読みやすくなっています。

 

自分の人生を見つめなおし、どう生きるのかについて考えさせられる一冊です。

 

多くの著名人がこの本を絶賛していて、また昔からの名作ということで一度は読んでみる価値がおります。

 

 

人生の勝算/前田裕二

「SHOWROOM」を創り、絶大な注目を浴びている起業家前田裕二さん。

 

路上ライブで身につけたビジネスの本質そして自分の生い立ちから何を学んだのかどのように成長してきたのか知ることができます。

 

ぼくはこの一冊を読んで、前田裕二さんの熱量・努力量に触発されてモチベーションがめっちゃ上がりました。

 

技術的というより精神的に書かれていることが多いので、でぜひこの本に触発されて行動に移していきましょう!

 

 

まとめ

大学生活で読書をはじめてたくさんのことをインプットしていきましょう。

また読書以外でもたくさん行動して有意義な学生生活を送っていきましょう!

 

また、学生のうちに本を読むことで今後のあなたを助けてくれる一つの武器になるはずです。

 

これからももっと、おすすめの本を発見して共有していきたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です