大学生

大学生などの若者に人気「ASMR」とは?ASMRの効果、活用法は?

ASMRをご存知でしょうか?

最近この言葉を見かけることが増えてきていますよね。

 

音フェチと捉えるのが一番理解しやすいのかもしれないです。

YouTubeやTikTokではASMR動画が流行りつつあります。

 

この記事では「ASMRって何?」と言う方に向けて、

・ASMRとは?
・ASMRの歴史
・ASMRのこれからは?

について紹介していきたいと思います。

 

では、紹介していきますね。

ASMRとは?

ASMRを聴いているヘッドホンAutonomous Sensory Meridian Response の略称で日本語でいうと自立感覚絶頂反応と表します。

 

読み方はASMRをそのまま読んで「エーエスエムアール」です。

 

わかりやすく言うと聴覚への刺激で得られる快感や、ゾクゾクとした感覚ですね。

ASMRを感じる音は人によって異なります。

 

綿棒でこするような音が好きと言う人もいれば、キーボードのタイピング音が好きと言う人もいるそうです。

 

YouTubeTikTokのASMR動画はそしゃく音やささやき声などが投稿されています。

 

ぜひ、「ASMR」で検索してみてください。

 

2017年にはIKEAの広告にも利用され、企業のブランディングにも使われるようになっています。

 

2019年4月頃にはケンタッキーフライドチキンが発売した「パリパリ旨塩チキン」のそしゃく音をASMR動画としてSNSで話題になりました。

ASMRの誕生はいつ?

ASMRの名称はアメリカ人のジェニファー・アレンさんが名付けたそうです。

 

そこから徐々に広がり、今のように日本にまで普及しました。

ASMRのこれからは?

ASMRでこれから伸びていくのはこの2つではないかと思われます。

・睡眠市場
・商品のマーケティング

睡眠市場

ASMRが流行しているアメリカでは睡眠やリラックス目的で主に活用されています。

日本では睡眠時間が世界的に短いです。

 

だからこそ、睡眠改善にASMRが使われていく可能性が高いのではないでしょうか?

商品のマーケティング

先ほどの、ケンタッキーフライドチキンが発売した「パリパリ旨塩チキン」のようにASMR動画を配信すろようなマーケティンが増える可能性も。

 

飲食のマーケティングだけでなく、様々な業界でもASMR動画が使われていきそうですね。

音のコンテンツは流行りつつある。

ASMRを聴いている人

ASMRアプリ「Tingles」なども登場。

「Tingles」ではリラックスや快眠を求めるユーザーにピッタリのASMRを配信しています。

 

また、本を朗読したオーディオブックなどと耳から本を学べるようなアプリも登場しています。


 

そして、YouTubeやTikTok上にASMR動画を投稿するクリエーター「ASMRist」の活躍が増えてきています。

 

ASMRistには多くのファンが付きもっと増えていくのではないかと思います。

最後に

最後を表している人

睡眠を活用した「ポケモンスリープ」が2020年内にサービス開始予定だそうです。

睡眠がエンターテイメントに使われるって全く想像できないですよね。

 

どのようなものか非常に楽しみです。

もっとASMRをはじめとした耳を活用したものが流行っていきそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です